都心でも被害が増えている

男の人

住居に侵入することも

害獣と呼ばれる動物にも色々な種類がありますが、特に住居に侵入されてしまうと様々な被害をもたらすこととなります。かつては一部の地域にしか見られなかったハクビシンもその数を増やし、現在では都心でも被害が増えています。農作物への被害はもちろん、住居に侵入された場合は屋根裏での騒音や糞尿、感染症、家屋の被害などが発生しますので、ハクビシン駆除は早めに行いたいところです。とはいえ、ハクビシンは保護動物でもありますので、勝手な判断でハクビシン駆除を行うことはできません。家庭で行える対策としては忌避剤の使用や動物よけの超音波機器なども役立ちますが、侵入口を塞がないと一時的にいなくなってもすぐに戻ってきてしまいます。ハクビシン駆除を個人で行うのは困難だと判断したら、専門の業者への依頼も考えてみましょう。全国には多くの害獣駆除業者が存在し、ハクビシン駆除もしっかりと行ってくれます。まずは信頼できる業者を探し、被害の相談を行いましょう。駆除方法は、基本的に追い出しとなっており、薬剤の噴霧などの作業が行われます。隠れて出てこない場合は爆竹で脅かす場合もあります。無事に追い出しができたら、侵入口を塞ぐ作業が行われます。この作業を行わないとせっかく追い出してもまた帰ってくる可能性は高いと言えます。さらに被害のあった屋根裏は清掃や消毒、必要があればリフォームも行われることとなります。家の広さや被害状況により費用も変わってきますので、作業前には見積もりを取りしっかりと確認しておきましょう。