駆除は業者に依頼しよう

蜂の巣

リスクが大きすぎる

蜂の巣が身近な場所で見つかった場合には、自分や家族、近所の方が蜂に刺される前に何らかの方法で対策を取る必要があります。最も端的なのは蜂の巣駆除ですが、蜂も巣が壊されるのを黙ってみているわけではないので刺される可能性はかなり高いです。駆除の方法もいくつかありますが、前提として言えるのは蜂の巣駆除は業者に依頼して行うのがベストという事です。ただ動画投稿サイトには自分で蜂の巣駆除をしている映像があったり、蜂の巣駆除の方法が詳しく載っているインターネットのサイトなどがあったりします。特に田舎などでは、個人的に蜂の巣駆除する人は少なくありません。実際駆除用の薬剤や、防護服なども市販されていて誰でも手に入ります。それでもなぜ、業者依頼がベストとされているのでしょうか。その理由として一つには、作業に伴う危険性の高さが挙げられます。先述の通り巣を撤去しようとすれば中の蜂が怒って攻撃してくるので、十中八九刺されます。そのために防護服の着用が求められますが、場合によっては防護服すら貫通して毒針が皮膚に到達するケースもあります。酷い場合にはショック死の可能性もある以上、片手間で駆除する方法はリスクが高すぎると言えます。また、個人で駆除した場合、費用の負担が業者依頼より高くなりがちという理由もあります。殺虫剤だけで見れば確かに安いですが、スズメバチの場合安全性を確保するには防護服が必要です。また撤去用ののこぎりや網、さらには高所作業になれば作業用の梯子なども必要です。都会の住宅街にお住いの方だとこうした道具類は持っていない人も多く、一から揃えた場合には結構な金額になってしまいがちです。個人で蜂の巣駆除をした場合、危険性も高く費用もかかるとなれば、業者依頼がベストというのも頷けると思います。