蜂の巣

駆除は業者に依頼しよう

蜂の巣駆除は個人的に行うより、業者に依頼して撤去してもらう方法がベストです。まず作業に伴う危険性が非常に高く、命に関わる事態になる可能性もあり得ます。また作業に必要な道具類をそろえると費用がかさみ、業者依頼の方が安く済みます。結局業者依頼の方がメリット豊富と言えるでしょう。

イタチ

可愛らしく見えても凶暴

山野をテリトリーとするニホンイタチに比べて、市街地に棲家を作るチョウセンイタチは獰猛で頭がよいので素人がイタチ駆除をするのは難しいです。専門の業者に依頼すれば、再び侵入することのないように対応してくれ消毒もしてくれます。

作業員

害獣が侵入した場合

ねずみは人間の生活圏に出没する小動物のひとつで、古い時代から身近な存在です。しかし、ねずみが建物に侵入すると食べ物を食い散らかしたり、糞尿をところかまわず行う、また病原菌を持ち込むといった害のある動物です。このためねずみを見つけたらねずみ駆除を行う必要があります。

男の人

都心でも被害が増えている

一部の地域でしか見られなかったハクビシンも数を増やし、都心でも被害が広まっています。住居への侵入被害も多いですが、ハクビシン駆除は個人で勝手に行うことはできません。安全で確実な駆除を行うなら専門業者への依頼がおすすめです。

女の人

依頼前に気をつける事

業者に蜂の巣駆除を依頼する前に、蜂の種類について把握しておきましょう。スズメバチは専門の駆除業者が望ましいですが、それ以外の蜂であれば総合駆除業者や便利屋、ミツバチなら養蜂家などに依頼して駆除してもらう方法もあります。

自分で対策をしたい場合は

ハクビシン

見た目と違って凶暴

日本には農作物を荒らしてしまう害獣が存在しますが、その中でも最近被害が増えているのがハクビシンです。ハクビシンは元々は日本ではなく東南アジアに生息している動物ですが、現在では日本の広い地域に生息している動物です。アライグマと見た目が似ていることもあって見間違えることもあり、木登りが得意なので農作物を荒らすだけではなく住宅に侵入してくるということも珍しくありません。雑食性で何でも食べる上に見た目と違って凶暴であるため、素人が気軽にハクビシン駆除を行おうとすると思わぬ怪我をしてしまう危険性もあります。そうなってしまうと感染症の危険もあるため、気軽にハクビシン駆除をするわけにはいきません。しかし、何とかして被害を減らすためにも自分で何とかハクビシン駆除を行えないかと考えている人は少なくないでしょう。専門の業者にハクビシン駆除を依頼するのが安全で確実な方法ですが、それなりの費用がかかってしまいますので気軽に行えるというわけではありません。住宅への被害を減らすために自分でも出来る簡単な方法としては、出来るだけ住宅への侵入口を減らすという方法があります。ハクビシンはほんのわずかな隙間からでも侵入してしまうので、徹底的にその隙間を金網などで塞いでしまうことで被害を減らすことが出来ます。また、ペットフードなどハクビシンを呼び寄せてしまうものは出来るだけ片付けるようにすることも大切です。その他にもハクビシン駆除に使えるグッズはホームセンターなどで市販されていますので、そういったグッズを使用するのも一つの方法です。